2009年5月13日水曜日

亀田大、ブンブン下す


13日、後楽園ホールで亀田大毅(WBA世界S・フライ級11位=亀田)が同ミニマム級13位のブンブン東栄(一力)と対戦。3-0の判定勝ちを収めた。本来なら亀田はこの日、小松則幸さん(享年29歳)と対戦する予定だったが4月に不慮の事故で小松さんが亡くなり、急きょ相手がブンブンに変更されたもの。ブンブンは本名ガブリエル・プマール、比国セブ島出身の輸入サウスポー。
 試合は亀田が前に出てブンブンを追う展開。しかしロープに詰めても単発気味で、相手サウスポーの抵抗にも遭い、結局ダウンシーンはつくれぬまま。スコアは98-94が2者に99-94だった。試合後インタビューでは、サウスポー対策の準備不足を明かしつつも「まだまだサウスポー苦手やな」と話していた。亀田の戦績は14勝10KO1敗。一方のブンブンは11勝6KO3敗1分。