2016年7月1日金曜日

天笠尚が秋に復帰の見通し、袴田事件発生から50年

■元日本・OPBFフェザー級王者で4月に英国でジョシュ・ワーリントン(英)との世界ランカー対決に敗れた天笠尚(山上=写真右)が9月か10月に復帰戦を行う見通し。WBCインターナショナル王座をかけたワーリントンとの一戦に進退をかけて臨んだ天笠は、試合後に現役引退も考えたというが「まだ体力的にもできる」と現役続行を決意。再び世界を目指す。

■元プロボクサーの袴田巌さん(写真左)が捕まった「袴田事件」の発生から6月30日で丸50年を迎えた。みそ製造会社の専務一家4人が殺害された事件で、袴田さんは逮捕され、裁判で死刑判決を言い渡されたが、2014年に静岡地裁の再審開始決定で釈放された。現在も裁判は続いており、袴田さんの無罪は確定していない。80歳の袴田さんは静岡県浜松市内で姉の秀子さんと暮らしている。

■OPBF女子S・フェザー級&フェザー級王者の三好喜美佳(川崎新田)が保持する2本のベルトのうちS・フェザー級王座を返上した。三好は今月6日、フェザー級王座決定戦でカイ・ジョンソン(竹原&畑山)を下して女子初のOPBF3階級制覇を達成していた。

■NHK-BS1できょう1日(金)19時からBS世界のドキュメンタリー「モハメド・アリの時代」を放送。6月3日に74歳でなくなったアリのドキュメンタリー。WOWOW「エキサイトマッチ」の実況でお馴染みの高柳謙一アナウンサーがナレーターを務める。