2016年7月8日金曜日

辰吉寿以輝あす第5戦、尾川堅一に豊橋市スポーツ賞

■あす9日、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第2競技場)で開催される「第73回ドラマチックボクシング」の前日計量が8日行われ、メインイベントのS・バンタム級6回戦に出場する辰吉寿以輝(大阪帝拳)は54.8キロ、リオ・ナインゴラン(インドネシア)は55.1キロでクリアした。カリスマ世界王者、辰吉丈一郎の次男・寿以輝はここまで4勝(2KO)無敗。今回が初の6回戦となる。ナインゴランは6勝(2KO)2敗。試合の模様は、読売テレビが当日深夜26時18分から(関西ローカル)、CS放送の日テレG+が16日(土)15時から放送する。

■日本S・フェザー級チャンピオンの尾川堅一(帝拳=写真)が故郷である愛知県豊橋市の平成28年度体育表彰スポーツ特別賞を受賞。尾川は昨年12月に日本王座を獲得し、4月に初防衛に成功。9月10日、後楽園ホールで1位の松下拳斗(千里馬神戸)を迎えてのV2戦が決まっている。

■ピューマ渡久地ジム所属の元ドミニカ共和国S・ライト級王者デスティノジャパンが8日、タイでPABAウェルター級王者テーラチャイ・クラティンデーンジム(タイ)に挑戦し、4回KO負け。WBA3位につけるテーラチャイは35勝26KO無敗。デスティノジャパンは21勝19KO3敗2分。

■引退を表明していた元日本S・ライト級チャンピオンの岩渕真也(草加有沢)が8日付けで引退届を日本ボクシングコミッションに提出。サウスポーの岩渕は左の強打を武器に日本王座を3度防衛した。