0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年7月20日水曜日

山本隆寛が圧巻の初回KO勝ち、OPBFバンタム級V2

 エディオンアリーナ大阪で20日行われたOPBFバンタム級タイトルマッチは、王者の山本隆寛(井岡)が挑戦者12位のレックス・ワオ(フィリピン)に1回2分28秒KO勝ち。山本は2度目の防衛に成功した。

 IBF4位、WBC14位につける山本に対し、ひと回り小柄なワオは思い切りよく右スイングを振り回して王者に襲い掛かった。山本も受けて立ち、試合は早くもヒートアップの様相。しかし、相手の動きを冷静に見ていた山本がラウンド中盤、左ボディブローを挑戦者に突き刺すと、ワオがうずくまるようにしてダウンした。

 立ち上がったワオは闘争心を失うことなく、チャンピオンに立ち向かったが、ラウンド終了間際に山本が再び左をボディに打ち込むと、ワオはキャンバスに倒れて悶絶。10カウントが数えられた。2連続KO防衛の山本は18勝15KO4敗。陣営によると次は指名戦になる予定。現在1位はフィリピン人ボクサー、マーク・ジョン・ヤップ(六島)。ワオは11勝9KO3敗。