0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年8月4日木曜日

WBO・L・フライ級王者ニエテス、フライ級進出戦決定

ニエテスがV5(ボクシングニュース) WBO世界L・フライ級王者ドニー・ニエテス(フィリピン=写真)がいよいよフライ級に進出する。海外メディアが報じたもので、ニエテスは9月24日米カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターで行われるALAプロモーションズの興行で、元WBC世界L・フライ級王者でWBCフライ級4位エドガル・ソーサ(メキシコ)と対戦する。

 ニエテスはこれまでにWBO世界ミニマム級王座を3度、同じL・フライ級王座を9度防衛。クラス最強王者として君臨しする34歳は階級アップを希望しており、9月の試合にあたっては、WBAスーパー&WBO世界フライ級王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)との対戦を模索していた。しかし、WBAがエストラーダに対し、レギュラー王者の井岡一翔(井岡)との対戦を指令したこともあり、この話はいったん消滅。L・フライ級王座の指名挑戦者モイセス・フエンテス(メキシコ)とV10戦というプランもあったが、既に2度対戦しているフエンテスとの試合は、V9王者とって魅力的ではなかったようだ。

 ニエテス(38勝22KO1敗4分)とソーサ(36歳=52勝30KO9敗)のフライ級戦は、WBOインターコンチネンタル王座がかけらる模様。ニエテス陣営はソーサに勝利し、3階級制覇をかけてエストラーダに挑戦するという青写真を描く。これによりL・フライ級王座が空位になれば王座決定戦が行われる運び。現在のWBO同級ランキングは1位フエンテス、2位田中恒成(畑中)、3位原隆二(大橋)。