②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2016年8月11日木曜日

コバレフが単独会見「ウォードをクラッシュする!」

 最強ランキング上位のアンドレ・ウォード(米)との対決が決定したL・ヘビー級3団体統一王者セルゲイ・コバレフ(ロシア=写真)が9日(日本時間10日)居住するロサンゼルスでメディア向けに会見を行った。注目のビッグマッチは11月19日ラスベガスのT-モバイル・アリーナで予定される。

 前日メディアに発信された通知では「マイケル・バッファーの司会によるセルゲイ・コバレフとの一問一答」となっていたが、コバレフはウォードの出席を待っていたという。しかし3日前にアレクサンデル・ブランド(コロンビア)と対戦したばかりのウォードは欠席。「挑戦者のウォードは統一王者に敬意を欠いているのでは?」とのメディアの質問に「確かに彼はそう思われても仕方ないだろう。でもきっと家族の用事などで無理だったのだろう。私は事情をよく知らない」と相手をかばった。

 しかし試合展開を聞かれると「メンタル面が非常に重要になる。この試合は当日、よりベターな作戦を実行した者が勝つ。ノックアウト?もちろん狙う。私のニックネーム“クラッシャー”の名に恥じない試合をしたい。自分の最高のパンチをコネクトして規定ラウンド以内に試合を終わらせる」と決意を明かした。

 コバレフ(30勝26KO1分無敗)の今後のスケジュールは、いったん故郷のロシアに戻り、9月上旬まで過ごした後カリフォルニアのビッグベアで6週間のキャンプ。その後ジョン・デビッド・ジャクソン・トレーナー(元WBAミドル級王者)の指導でロサンゼルス近郊オクスナードにあるロベルト・ガルシア・ジムで最終調整を行う予定になっている。