0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年9月10日土曜日

ジェイコブス7回TKO勝ち、WBAミドル級正規王座V4

 米ペンシルバニア州レディングでダブル世界タイトルマッチが行われ、WBAミドル級レギュラー王者ダニエル・ジェイコブス(米=写真)は挑戦者15位セルジオ・モーラ(米)に7回2分8秒TKO勝ち。4度目の防衛に成功した。

 両者は昨年8月に対戦し、初回にダウンの応酬という熱い立ち上がりを見せ、モーラの負傷もあってジェイコブスが2回TKO勝ち。この日の再戦は、ジェイコブスが4、5回に一つずつ、7回に3度のダウンを奪って圧勝した。ジェイコブスは32勝19KO1敗。スーパー王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との対戦が期待されるが、いまのところ対戦の見通しは立っていない。モーラは28勝9KO5敗2分。

 同じリングで行われたIBF世界ライト級王座決定戦は、4位ロバート・イースターJr(米)が3位リチャード・カミー(ガーナ)に2-1判定で競り勝ち、新チャンピオンとなった。スコアは115-112、114-113でイースターJr、114-113でカミー。イースターJrは18勝14KOで全勝をキープ。8回にダウンを奪いながら敗れたカミーは初黒星で24勝22KO1敗。