excite_650x150

excite_650x150

2016年9月15日木曜日

いよいよ明日ゴング、山中慎介&長谷川穂積 W世界戦

 ダブル世界タイトルマッチ(16日・エディオンアリーナ大阪)の公式計量が15日に大阪市内のホテルで行われた。出場4選手全員がそろって一発でクリアし、いよいよあすの試合を待つのみとなった。

 WBCバンタム級戦はチャンピオン山中慎介(帝拳)がリミットの53.5キロ、1位挑戦者アンセルモ・モレノ(パナマ)は53.4キロを計測した。計量を終え、水分を体に染み渡らせた山中は「コンディション万全です」。前回の負けを認めないモレノに対し「勝ってもいないでしょう」と余裕でかわした後「勝つだけ、ですね」と決意をにじませた。

 WBC・S・バンタム級戦は、王者ウーゴ・ルイス(メキシコ)、5位挑戦者の長谷川穂積(真正)ともども上限55.3キロで合格。長谷川はルイスについて「いい体をしている。リカバリーをして明日はさらに大きくなるでしょうけど、想定内ですから」と語った。計量後は参鶏湯とうどんを食べ、夜はいつも通り自宅で摂るという。決戦のリングを前に「できるだけダメージを負わない、(2010年10月に亡くなった)母親が好きだと言っていたボクシングを心掛けたい」と言い、会場を後にした。

 山中の世界戦の模様は、日本テレビ系列が当日19時56分から20時54分の『ワールドプレミアムボクシング The Real 24』で生中継。試合が早く終れば、長谷川の世界戦も放送される可能性がある。スカパーは17時30分~19時50分に長谷川の試合を生中継。また、長谷川の試合は日本テレビ(関東地区)で深夜2時20分~3時20分、読売テレビ(関西地区)で深夜3時40分から放送。9月22日(木)19時から日テレG+で完全版が放送される。