2016年9月17日土曜日

グロワスキvsウシク、明日でWBOクルーザー級戦

 ポーランドのグダニスクのエルゴ・アリーナで明日17日開始ゴングとなるWBOクルーザー級タイトルマッチの計量が16日行われ、王者クリストフ・グロワスキ(ポーランド)が199.3ポンド(90.40キロ)、指名挑戦者の1位オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)が198.75ポンド(90.15キロ)をマーク。リミットの200ポンドを合格した。

 試合はサウスポー対決。これが2度目の防衛戦となるグロワスキ(30=26勝16KO無敗)は昨年8月、長期王座に君臨していたマルコ・フック(ドイツ)とダウン応酬の激闘を繰り広げ11回KO勝ちでベルトを奪取。今年4月ニューヨークでベテランの元王者スティーブ・カニンガム(米)から4度ダウンを奪い判定勝ち。V1に成功した。今回は凱旋防衛戦で張り切っている。

 対するウシク(29=9勝9KO無敗)はアマで300戦以上のキャリアを持ち、北京、ロンドン五輪に出場。ロンドン大会ではヘビー級で金メダルに輝いた。13年11月プロデビューし、WBOインターコンチネンタル・クルーザー級王座を保持して4度防衛。スキルを兼備したパンチャーで下馬評はやや有利だが、負傷が影響し昨年12月以来のリングになるのが気がかりだ。Photo/BoxingScene.com