2016年9月17日土曜日

TV『復活をかけた男たち』、田口良一が月間準MVP

■きょう17日(土)深夜2時23分からTBSで『復活をかけた男たち』を放送。昨年12月の世界挑戦者決定戦でプロ初黒星を喫した大森将平(ウォズ)の再起戦()の模様に加え、8月31日にWBA世界L・フライ級王者の田口良一(ワタナベ=写真)に挑んだ宮崎亮(井岡)の復活劇、世界タイトルマッチで敗れた和氣慎吾(古口)と天笠尚(山上)の対談も。どん底から這い上がるボクサーたちの思いに迫る。

■WBAが15日付けで8月度ランキングを更新。8月31日東京で河野公平(ワタナベ)を下してS・フライ級新王者となったルイス・コンセプシオン(パナマ)が月間MVPに選ばれた。同じリングで宮崎亮(井岡)を退けて4度目の防衛を成功させたL・フライ級王者の田口良一(ワタナベ)が次点。フライ級スーパー(統一)王者だったフアン・エストラーダは既報通り王座を返上した。日本勢に大きな変化はなし。

■6勝3KO無敗のホープ、20歳の平岡アンディ(写真)が花形ジムから大橋ジムに移籍。10月3日、IBF世界フェザー級挑戦者決定戦、細野悟(大橋)vsジョナサン・バロス(亜)のアンダーカードで6回戦を行う。平岡は身長180センチの長身サウスポーで2014年の東日本新人王戦ライト級で優勝したが、全日本新人王決定戦は体調不良で棄権。その後はアメリカに活動拠点を求めたが、再び日本のリングに立つ。今回は約2年ぶりの試合。