2016年9月26日月曜日

黒木優子のV5戦決定、12.18元王者の安藤麻里と

 WBC女子世界ミニ・フライ級チャンピオンの黒木優子(YuKOフィットネス=写真右)が12月18日、福岡市の九電記念体育館で元WBC女子世界同級王者の安藤麻里(フュチュール=写真左)を迎えて5度目の防衛戦を行うことになった。YuKOフィットネスジムがアナウンスした。

 両者は安藤がチャンピオンだった14年3月に対戦し、黒木が3-0判定勝ちで初の世界王座に就いた。黒木(16勝8KO4敗1分)はその後、サウスポースタイルから繰り出す左ストレートを武器に4度の防衛に成功。6月に行われた4度目の防衛戦はチャンピオンとして初の東京進出戦で、芸能事務所と契約を結んだこともあり、徐々に注目度が増している。

 安藤(13勝6KO9敗)は11年にWBA世界L・ミニマム級王座を獲得し、2度目の防衛戦で宮尾綾香(ワタナベ)にタイトルを明け渡した。その後、2度の世界挑戦失敗をへて13年12月にWBCミニ・フライ級王座を奪取し、その王座を初防衛戦で黒木に奪われた。今年3月にはメキシコでWBC・L・フライ級王者イベス・サモラに挑戦したものの。6回TKOで退けられている。今回は黒木の地元に乗り込み、3度目の世界タイトル獲得を狙う。