②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2016年10月14日金曜日

WBOミドル級王者サンダース、防衛戦を1ヵ月延期

 来週土曜日22日、英国ウェールズ・カーディフのモーターポイント・アリーナで初防衛戦を予定していたWBO世界ミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(英=写真)が13日、試合を延期するとメディアへ通達した。理由は筋肉の負傷。新スケジュールは11月26日で相手は変わらずアルツール・アカボフ(ロシア)。同アリーナで挙行予定。

 サンダースは一度マックス・ブルサック(ウクライナ)と対戦する話があったが消滅。また9月にカネロ・アルバレス(メキシコ)と戦うプランがあったが、これも実現しなかった。ようやく発表されたアカボフとの試合だが、これも延びることになった。昨年12月アンディ・リー(アイルランド)から獲得した王座はまだ一度も防衛を果たしていない。

 フランク・ウォーレン・プロモーターは「不測の事態が発生してファンに申しわけない。チケットはすでにソールドアウト(完売)だったのに」と陳謝。同じく英国S・ウェルター級王座の防衛戦を予定していたリアム・ウィリアムズもスパーで負傷したと同氏は語っている。