0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年10月16日日曜日

ベリュー4度倒す圧勝、3回KOで初防衛

  英国リバプールのエコー・アリーナで15日(日本時間16日)挙行されたWBC世界クルーザー級タイトルマッチは、王者トニー・ベリュー(英)が挑戦者14位BJ・フローレス(米)に3回2分11秒KO勝ち。5月の王座決定戦で獲得したベルトの初防衛に成功した。

 初回フローレスがワイルドなパンチを振るって仕掛ける。しかし2回、強打を繰り出したベリューの前にフローレスはダウン。ショートパンチでダウンを追加したベリューはラウンド終了とほぼ同時、打ち合いから3度目のダウンを奪う。3回、ベリューが強烈に挑戦者を倒すと、フローレスは立ち上がりかけたが主審は試合を止めた。

 ベリューは28勝18KO2敗1分。キャリア初のKO負けのフローレスは32勝20KO3敗1分。WBCのクルーザー級はグリゴリー・ドロズド(ロシア)が休養王者に君臨する。  同じリングではWBCクルーザー級1位マイリス・ブリーディス(ラトビア)がサイモン・バレリー(英)に3回TKO勝ち。