2016年11月6日日曜日

長谷川穂積「これも運命」 対抗王者ドネア敗れる

 WBC世界S・バンタム級王者の長谷川穂積(真正)が6日、WOWOWで生放送された「エキサイトマッチ」のゲスト解説を務めた。長谷川の対抗王者であり、ビッグネームのWBO同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)はジェシー・マグダレノ(米)に判定負け。長谷川は「これも運命ですね」と結果を受け入れた。

 世界5階級制覇を達成し、今回の防衛戦もやや有利と見られていたドネア。長谷川も「負けるとは思っていなかった」そうだが、マグダレノのスピードにうまくしてやられ、最後までペースをつかめずに判定負け。長谷川は「相手も強かった」とマグダレノの実力を認めた。

「機会があればやってみたかった」というドネアが敗れ、これで3階級制覇王者と5階級制覇王者による統一戦というビッグマッチは遠のくことに。新王者マグダレノとの対戦については「そういうありがたい話があれば手を上げますけど、実際には難しい話でしょう」との見通しを示した。

 2歳上のマニー・パッキャオ(フィリピン)が世界王者に返り咲いた試合を「考えられないですね。上院議員をやりながらですから」と評価した長谷川。来月36歳になる自身の今後については「近いうちに記者会見の場を設けて発表したいと思います」と話した。