0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年11月23日水曜日

丸田陽七太がユース王座初防衛、デビュー4連勝

 WBCユース・バンタム級タイトルマッチ10回戦は注目のホープ丸田陽七太(森岡)がジョー・テホネス(比)に7回2分25秒KO勝ち。プロ4連勝(3KO)とすると同時にユース・タイトルの初防衛に成功した。

 思い切りよく踏み込んで左ストレート、そして右フックを強く返してくるサウスポーのテホネスに対し、丸田は時にガードの隙にもらう場面もあった。しかし全般的には脚とパンチのスピードで上回る丸田がテホネスの攻撃を外してはヒットを重ねていく。

 公開採点(2-0で優勢)を聞いてからは、距離をキープしつつ丸田が多彩な左ブローで圧倒。迎えた7回、ワンツーで攻め込んでつなげた左ボディーでテホネスはダウン。10カウントを数えられた。 「今日は反省ばかりですけど、途中からはいつも通り落ち着いて、相手の動きを見て戦えたと思います」と語った 丸田。

 19歳の勝者は「来年は1試合目からタイトルを狙っていきたい。いろいろなタイトルを獲っていきたい」と、ユース王座以外のベルトに早くも興味が移っている!?