②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2016年12月11日日曜日

チャーロ兄が5回TKO勝ち IBF・S・ウェルター級V3

 クエジャールvsマレスと同じロサンゼルスのUSCのギャレン・センターで10日行われたIBF世界S・ウェルター級戦は、王者ジャモール・チャーロ(米)が指名挑戦者の1位ジュリアン・ウィリアムズ(米)に5回2分6秒TKO勝ち。双生児の弟ジャーメル・チャーロも同級WBC王者に君臨するチャーロは3度目の防衛に成功した。

 初回、両者は中間距離でカウンターを交換するなど白熱。しかし2回、チャーロの左カウンターでウィリアムズがダウン。3回は一転してテクニカルな展開になり、4回、ウィリアムズがボディー打ちで先制すればチャーロは強打を返して対抗する。迎えた5回、チャーロの強烈なアッパーでウィリアムズが倒れる。ダメージがありがならも続行に応じたが、チャーロが3度目のダウンを奪うと、レフェリーは試合をストップした。

 試合後、勝者を祝福しようと相手コーナーへ行ったウィリアムズをチャーロは無視。両陣営が険悪ムードとなり、セキュリティーが出動する場面があった。チャーロは25勝19KO無敗。WBO王者カネロ・アルバレスとの統一戦をアピールした。初黒星のウィリアムズは22勝14KO1敗1分1無効試合。