2016年12月30日金曜日

村田諒太“世界前哨戦”3回KO勝ち、清水聡も快勝

  WBOミドル級3位の村田諒太(帝拳)が30日、有明コロシアムで162ポンド契約10回戦を行い、ブルーノ・サンドバル(メキシコ)に3回KO勝ち。“世界前哨戦”を飾った。プロ2戦目となるロンドン五輪銅メダリストの清水聡(大橋)はカルロ・デメシーリョ(フィリピン)に3回KO勝ちした。

◇162ポンド10回戦
村田諒太(帝拳)[KO3回2分53秒]ブルーノ・サンドバル(メキシコ)
 KO率が高く「前半は強い」という情報もあったサンドバルだが、パワーは感じさせず、どちらかといえば上体の柔らかいテクニシャンという印象。スタートから圧力をかける村田を何とかいなそうと試みた。

 村田はジャブ、そして右の強打を臆せず打ち込んでいった。徐々にサンドバルを追い込むと、3回に強烈な右が決まり、サンドバルが時間差でダウン。最初はスリップと判定されたが、サンドバルが立ち上がれず、あらためて10カウントが数えられた。

 2016年を4試合すべてKO勝利で飾った村田は「今回の相手が今年一番いい相手だったと思う。それを倒したのは自信にもまったし、次はやりたいです!」と世界挑戦への思いを口にした。戦績は12勝9KO無敗。ダウン後しばらく立てなかったサンドバルは19勝15KO2敗1分

◇フェザー級8回戦
清水聡(大橋)[KO3回1分9秒]カルロ・デメシーリョ(比)
 長身サウスポーの清水はジャブ、左ストレートを打ち下ろし、初回から優位に立った。10月に世界挑戦経験のある天笠尚(山上)と対戦し、判定まで持ち込んだデメシーリョは圧力を受けて下がりながら、時折ビッグパンチを繰り出すボクシング。清水は3回、接近戦を仕掛け打ち合うと、右フックがきれいにカウンターとなってデメシーリョのアゴに炸裂。10カウントとなった。清水は2勝2KO。デメシーリョは6勝1KO4敗。