2017年1月11日水曜日

MVP候補は山中、井上、井岡 年間表彰ノミネート

 2016年に顕著な活躍をしたボクサーを称える「年間表彰式」が今年も2月10日に予定されている。これを前に表彰候補選手を選ぶノミネート会が11日都内で開かれた。「年間最優秀選手賞」候補には山中慎介(帝拳)、井上尚弥(大橋)、井岡一翔(井岡)の世界チャンピオン3人が選ばれたほか、各賞候補に以下の選手が挙がった。

◆最優秀選手賞(MVP)=山中慎介、井上尚弥、井岡一翔
◆技能賞=井岡、井上、ホルヘ・リナレス(帝拳)、長谷川穂積(真正)、山中、カルロス・クアドラス(帝拳)
◆殊勲賞=小國以載(角海老宝石)、田中恒成(畑中)、長谷川
◆KO賞=井岡、井上、田中、山中、比嘉大吾(白井・具志堅S)
◆努力・敢闘賞=野中悠樹(井岡弘樹)、 石本康隆(帝拳)、岡田博喜(角海老宝石)、福原辰弥(本田F)、有川稔男(川島)
◆新鋭賞=比嘉、丸田陽七太(森岡)、久保隼(真正)、拳四朗(BMB)、伊藤雅雪(伴流)


◆最高試合
●世界タイトルマッチ 山中vsアンセルモ・モレノ2、長谷川vsウーゴ・ルイス、リナレスvsアンソニー・クローラ、井上vs河野公平、小國vsジョナタン・グスマン
●世界タイトルマッチ以外 比嘉vsアーデン・ディアレ、亀海喜寛vsヘスス・ソト・カラス、尾川堅一vs内藤律樹2、福原vs華井玄樹、拳四朗vs大内淳雅、西田光vs柴田明雄

◆女子MVP=小関桃(青木)、藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)、池山直(フュチュール)、黒木優子(YuKOフィットネス)
◆女子最高試合 藤岡vs真道ゴ ー 黒木vs安藤麻里

 なお、今回から新たに「優秀選手賞」が設けられることが決まった。これは原則的に年間でタイトルを防衛(勝利あるいは引き分け)した世界チャンピオン、またはそれに匹敵する活躍が認められた選手を称える賞。以下のチャンピオンたちが受賞する。

◆優秀選手賞=山中、井上、井岡、長谷川、クアドラス、リナレス、小國、田中、河野、田口良一(ワタナベ)、八重樫東(大橋)、高山勝成(仲里)

「年間表彰選手」は例年、日本ボクシングコミッション(JBC)の委託を受けた東西メディア(テレビ・新聞・専門誌)の投票により決定する。今年は1月24日に選考会が開かれる予定。また従来とは異なり、今年から年間最優秀選手・技能・殊勲の三賞は表彰式当日に明かされる 。