0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年1月16日月曜日

ヒトロフTKOで初黒星 週末のアンダーカードから

■14日ニューヨークで行われたS・ミドル級統一戦やIBF・S・フェザー級戦のリングに登場したアマチュア世界選手権優勝者でプロでもミドル級のチャンピオン候補のエフゲン・ヒトロフ(ウクライナ=WBC3位)がエマヌウェル・アリーム(米)に6回1分20秒TKO負け。バージニア州が地元のアリームが激闘の末2度ダウンを奪い連打でストップした。初黒星のヒトロフは14勝12KO1敗。アリーム(17勝101分無敗)は空位のWBCミドル級シルバー王座を獲得。

■同じリングで行われた女子のWBO・S・バンタム級戦は防衛戦に臨んだアマンダ・セラノ(プエルトリコ)がヤスミン“ルシータ”リバス(メキシコ)に10回3-0判定勝利。スコアは97-93、98-92、99-91。WBOの看板女子王者セラノは31勝23KO1敗1分。リバスは35勝10KO敗1分。

■13日フロリダのララvsフォアマン戦のリングに前WBC・S・ミドル級王者アンソニー・ディレル(米)が出場。10回戦でノルバート・ネメサパティ(ハンガリー)に6回2分56秒TKO勝ちを飾った。ディレルは29勝24KO1敗1分。同じリングで前WBAバンタム級“スーパー”王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)がイサオ・ゴンサロ・カランサ(メキシコ)に7回1分16秒TKO勝ち。ルーシー・ウォーレン(米)戦から再起したパヤノは18勝9KO1敗。日系人選手カランサは15勝8KO8敗1分。