2017年1月19日木曜日

ジャック王座返上、デゲール戦の視聴件数は45万件

■WBC世界S・ミドル級王者バドゥ・ジャック(スウェーデン)がWBCに王座返上を正式に伝えた。ジャックは15日、IBF同級王者ジェームス・デゲール(英)と統一戦を行ってドロー。直後に王座返上、階級アップを表明していた。今後はL・ヘビー級にクラスを上げ、WBC王者アドニス・スティーブンソン(ハイチ=カナダ)を標的にするという。空位となった王座は指名挑戦権を持つ1位カラム・スミス(英)の王座決定戦出場が決定的。対戦相手は2位アンソニー・ディレル(米)が有力。

■そのジャックとデゲールの試合の視聴件数が判明。大手ケーブルテレビ局ショータイムで放映された一戦は平均で45万4000件だった。セミのジェルボンタ・デービス(米)がホセ・ぺドラサ(プエルトリコ)を下して新王者になったIBF世界S・フェザー級タイトルマッチは平均34万4000件。これはショータイムでここ最近放映された試合を上回るが、同時刻に4大ネットワークのCBSがNFLのプレーオフを中継したことが響いた模様。NFLは2980万人が視聴したという。Photo/SUMIO YAMADA

■WBCクルーザー級は1位マイリス・ブリーディス(ラトビア)と元WBO王者で現WBC2位のマルコ・フック(独)で暫定王座決定戦を開催。4月1日ドイツで挙行されると報じられた。WBC同級王者トニー・ベリュー(英)が3月4日、ロンドンで元WBA世界ヘビー級王者デビッド・ヘイ(英)とヘビー級戦を行うため、暫定王座が設けられる。