2017年1月29日日曜日

バルガス王座陥落、三浦隆司の標的はベルチェットに

 米カリフォルニア州インディオのメインイベント、WBC世界S・フェザー級タイトルマッチは、挑戦者ミゲール・ベルチェット(メキシコ)が王者フランシスコ・バルガス(メキシコ)に11回2分19秒TKO勝ち。バルガスは2度目の防衛に失敗した。

 前WBO同級暫定王者のベルチェットが初回から長いリーチを生かし、ジャブ、右から返しの左フックでなどをヒットしてチャンピオンに迫った。バルガスもアグレッシブに打って出たため、試合はほどなくして激しい打撃戦に突入。有効打で上回る挑戦者がリードしてラウンドは進行した。

 中盤に入っても、ベルチェットが序盤よりやや勢いを落としながらも、顔を跳ね上げるような印象的なパンチを要所で打ち込み、バルガスにダメージを与えていった。バルガスは盛んに手数を出していくが、なかなかペースを引き込むことができない。

 バルガスはラウンドを重ねるごとに顔面を腫らし、左目上部から出血。ベルチェットは9回に攻勢に出て、バルガスは出血がひどくなっていく。11回、ベルチェットが攻め込んだところで主審が割って入った。

 10連続KO勝利で戴冠のベルチェットは31勝28KO1敗。2年連続で年間最高試合を獲得していた激闘男バルガスは初黒星。戦績は23勝17KO1敗2分となった。Photo/SUMIO YAMADA