ohasi11

ohasi11

ohashi

ohashi

2017年2月13日月曜日

進退保留の内山高志「スパーをして確かめたい」

 進退が注目されている前WBA世界S・フェザー級スーパー王者の内山高志(ワタナベ)が13日、出身地の埼玉県春日部税務署で確定申告の早期提出とe-TaxをPRするイベントに出席。自身の今後について、あらためて「まだ決めていない」と語った。

 昨年大みそかにジェスレル・コラレス(パナマ)との再戦に敗れ、王座返り咲きを果たせなかった内山だが、既にトレーニングは再開し、朝のロードワーク、夕方のジムワークを行っている。

 この日、内山は「まだ(進退は)決めていないですけど、ほかの人の試合を見て、また試合がしたいという気持ちになっている。今後練習をしながら決めていきたい」と現在の心境を口にした。

 今後はスパーリングを始めて自らの体の状態をチェックする予定。37歳の内山は「体力はトレーニングをしていればまったく問題ないけど、反応とかはどうしても落ちてしまう。瞬間的な反射神経とか小さなところが影響する。そういうことを含めてスパーリングで確かめたい」と語った。

 あとは「自分がどこまで一番高いところの気持ちに持っていけるか。やるぞ、と思ったときのことを考えて体力を維持している」と気持ちの高まりも現役を続ける上で重要なポイントだとした。