ohasi11

ohasi11

ohashi

ohashi

2017年2月14日火曜日

ブルックvsスペンス 5月20日英国で対戦合意

ブルックが2度目の防衛成功(ボクシングニュース) IBF世界ウェルター級王者ケル・ブルック(英=写真)vs指名挑戦者エロール・スペンスJr(米)の一戦が5月20日、ブルックの地元イギリスのシェフィールドで挙行される運びとなった。IBFのリンゼイ・タッカー世界タイトル戦委員長が13日メディアに通達した。これにより14日にIBF本部で予定されていた入札はキャンセルされた。

 この日(13日)ブルックのプロモーター、エディ・ハーン氏とスペンスの代理人トム・ブラウン氏による交渉が成立。昨年9月、ミドル級統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に挑戦し5回TKO負けしたブルック(36勝25KO1敗)は、体重の問題からS・ウェルター級転向の噂があった。ハーン氏によると、同じ英国のライバル、アミール・カーンとの対決がオプションにあったが、報酬面で交渉は成立しなかった。

 またブルックはスター候補の実力者スペンス(21勝18KO無敗)との対戦を避けているともいわれ、王座返上も噂された。しかしゴロフキン戦で被った負傷も完治し、ウェルター級にとどまる決意を固めた。ちなみにブルックは2週間後に保持か返上の結論を迫られていた。

 待たされたかたちのスペンスは昨年8月、1位決定戦でレオナード・ブンドゥ(シエラレオネ=イタリア)に6回KO勝ちして以来のリングとなる。