0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年2月19日日曜日

ピーターソン2階級制覇、ブローナーは2-1判定勝ち

 18日(日本時間19日)米オハイオ州シンシナチで行われたWBAウェルター級“レギュラー”王座タイトルマッチは挑戦者で元IBF・S・ライト級王者ラモント・ピーターソン(米)が王者ダビド・アバネスヤン(ロシア)に12回3-0判定勝利。2階級目のベルトを獲得した。

 試合は15年10月以来のリングとなったピーターソンがボディー打ちを繰り出せば、アバネスヤンもインサイドから返して拮抗。6回、左ボディーをコネクトしたピーターソンは7回にも右アッパーで王者をロープへ送る。終盤追い上げを図ったアバネスヤンだが、公式スコアは116-112×2、115-113でピーターソンの手が上がった。

 メインのウェルター級10回戦は、S・フェザー級からウェルター級の4階級で世界王座を獲得したエイドリアン・ブローナー(米)がWBA・S・ライト級4位アドリアン・グラナドス(米)に2-1(97-93、96-94、93-97)判定勝ち。前半、トリッキーなフットワークを交えながら上下に打ち分けるグラナドスに、後半ブローナーが連打で激しくチャージ。激戦をモノにした。

 同じリングのL・ヘビー級10回戦はロンドン五輪代表マーカス・ブラウン(米)がトーマス・ウィリアムズJr(米)に6回KO勝ち。