0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2013年7月17日水曜日

山口直子の世界タイトルマッチが直前で中止に

 7月22日、後楽園ホールで予定していたWBA女子世界S・フライ級王者山口直子(白井・具志堅S)の防衛戦が試合を目前にして中止となった。山口はチュタポーン・プラディッサン(タイ)を相手にノンタイトル10回戦を行う。

公開練習は急きょ世界戦中止発表会見に…

 マッチメーカーのジョー小泉氏によると、挑戦者の暫定王者ダニエル・ベルムデス(アルゼンチン)が「契約上の解釈の違い」から来日を取りやめ、日本サイドがWBAに調停を申し入れたものの、事態を打開することはできなかったという。急きょチュタポーンを代理挑戦者にしたが、最終的にWBAから承認が得られず、世界戦の中止が決定した。

 山口が世界戦中止の知らせを聞いたのは、17日に予定されていた公開練習の直前。「非常に残念ですが、22日はしっかりKOして次につなげたい」と気丈に語ったが、ショックは隠せなかった。

 WBAは調停書で「両者は(正規王者と暫定王者による)統一戦をする義務がある」と記しているが、暫定王者ベルムデスはWBOバンタム級王者でもあり、WBA暫定タイトルを返上する可能性もある。山口陣営は9月にも防衛戦を行う意向を示しているが、今後の展開は不透明だ。