2017年3月18日土曜日

コンランTKOデビュー、世界戦並みの盛り上がり

   17日夜(日本時間18日)ニューヨークMSGのザ・シアターでトップランク社が開催したカードのメインで行われたS・バンタム級6回戦で、ロンドン五輪銅メダルの実績があるマイケル・コンラン(アイルランド)がプロデビュー。ティム・イバラ(米)に3回59秒TKO勝利を飾った。

 バグパイプに先導されるなど世界戦並みの派手な入場。コーナーに著名トレーナーのマヌエル・ロブレス、ゴロフキンと戦ったマシュー・マックリン、兄のS・フライ級ランカー、ジェイミー・コンランが就いたコンラン。

 そしてフロイド・メイウェザーとの対戦が話題のUFC王者コナー・マクレガー(アイルランド)がバックアップ。万全の体制でリングに上がったコンナンが3回、パンチをまとめてストップを呼び込んだ。

 同じリングではリオデジャネイロ五輪ライト級金メダリストのホブソン・コンセイサン(ブラジル)がアーロン・ホリス(米)に2回36秒TKO勝ちで3勝2KO無敗。

 ウェルター級の新鋭アレックス・サウセド(メキシコ)がジョニー・ガルシア(米)に2回2分42秒TKO勝ちで24勝15KO無敗。また米国出身ながらリオ五輪にホンジュラス代表で出場したテオフィモ・ロペスがダニエル・バスティエン(メキシコ)に2回39秒KO勝ちで3勝3KO無敗。