2017年4月4日火曜日

八重樫東は暫定王者とV3戦、フジで2夜連続興行

 IBF世界L・フライ級王者の八重樫東(大橋)が5月21日、有明コロシアムのダブル世界戦で暫定王者ミラン・メリンド(フィリピン)と3度目の防衛戦を行うことになった。イベントは20日に同会場で行われるトリプル世界戦と、21日のダブル世界戦を合わせて「ボクシングフェス2017 SUPER 2 DAYS」として開催される。2日間で世界戦が5試合。

 八重樫(25勝13KO5敗)のけがにより、昨年11月に暫定王座決定がの開催され、ファーラン・サックリンJr(タイ)を下したメリンド(35勝12KO2敗)が暫定王座に就いた。八重樫は挑戦者を「相手はキャリアが豊富で、真面目にコツコツ積み上げてきた選手。崩しにくいし、メンタルも強いと思う」と高く評価。KO負けが一度もないメリンドを迎えて気持ちを引き締めた。

 前日にはOPBF同級王者の拳四朗(BMB)がWBCタイトルに挑戦。これに拳四朗が勝つと、WBAの田口良一(ワタナベ)、IBFの八重樫、WBOの田中恒成(畑中)と並び、日本人選手がメジャー4団体のL・フライ級ベルトをすべて独占することになる。

 そうなれば今後はいろいろな組み合わせが考えられるが、八重樫は「目の前の試合をクリアするのが最大の目標。今後のプランを会長にすべて任せてある」と一戦必勝を強調。34歳のベテランは「自分の色を出したい」といつも通りにコメントした。

 同じリングには、ロンドン五輪銅メダリストでデビューから2連勝(2KO)の清水聡(大橋)も登場。山本拓哉(エディタウンゼント=9勝4KO5敗)と対戦する。山本はノーランカーだが、3月にOPBFフェザー級13位の芹澤天明(姫路木下)に勝利したばかり。当初は芹澤が清水と試合をする話になっていたが、山本が勝って入れ替わった。

 清水は「ランカーと対戦するのは初めてでとても楽しみ。尚弥くん、八重樫さんがいる中で、インパクトのある試合をすることが大事。しっかり倒して存在感をアピールしたい」と抱負を語った。