2017年4月23日日曜日

テテがWBOバンタム級暫定王者に、M級クルツィゼも

■22日(日本時間23日)英国のレスターで行われたWBOミドル級暫定王座決定戦は、ランキング1位アブタンディル・クルツィゼ(グルジア)が3位トミー・ラングフォード(英)に5回27秒TKO勝ち。同時に正規王者ビリー・ジョー・サンダース(英)への挑戦権を獲得した。この暫定王座はサンダースの不活動により設けられたもの。記録サイト「ボックス・レク」は両者の対戦を7月8日ロンドンと記している。

■同じレスターで行われたWBOバンタム級暫定王座決定戦は、ランキング2位ゾラニ・テテ(南ア)が4位アーサー・ビラヌエバ(比)に3-0判定勝ち。スコアは119-108×2に120-107。正規チャンピオンはマーロン・タパレス(フィリピン)だったが、大森将平(ウォズ)との防衛戦戦で計量失格。王座を剥奪された。23日、大森がタパレスに勝利すれば王者となる。

■現地時間21日ブエノスアイレスに登場した前WBA世界フライ級王者フアン・カルロス・レベコ(アルゼンチン)がヘスス・バルガス(ベネズエラ)に12回3-0判定勝ち(120-108×2、120-110)。空位の南米S・フライ級王座を獲得した。レベコは井岡一翔との再戦後2連勝。同日、同地の別会場でWBCミドル級1位ホルへ・ヘイランド(アルゼンチン)が同胞のマテオ・ベロンに8回KO勝ち。

■ドイツのエルフルトで22日行われたWBO・S・ミドル級挑戦者決定戦は、前王者アルツール・アブラハム(アルメニア=ドイツ)がロビン・クラスニキ(ドイツ)に3-0判定勝利(118-110、115-114、117-111)。アブラハムは同日米国で初防衛戦に臨むヒルベルト・ラミレス(メキシコ)へのリベンジを目指す。