2017年4月23日日曜日

大森将平11回TKO負け、中盤チャンス作るも及ばず

 WBO世界バンタム級王座決定戦が23日、エディオンアリーナ大阪で行われ、同級6位の大森将平(ウォズ)が前王者マーロン・タパレス(フィリピン)に11回16秒TKO負け。王座獲得はならなかった。

 タパレスが体重超過により試合前日に王座はく奪という緊急事態の中で行われた世界戦。大森は15年12月、タパレスとWBO同級挑戦者決定戦を争い、初回からダウンを喫して2回TKO負けしており、リベンジも胸にリングに上がった。

 前回の反省を生かしたのか、大森はガードを高く掲げて、まずは「もらわない」を意識した立ち上がり。タパレスは2回からジャブ、右アッパーを強振し、浅いながらも大森に右を合わせた。大森は4回に左ストレートをヒットした。

 しかし5回、ギアを入れた大森が左右のボディショットを決めると、タパレスは明らかにダメージを受けて後退。大森は当然攻めたが、ラウンド終盤になるとタパレスが反撃し、右フックを打ち込んだ。

 大森は5回の被弾でダメージを受けたのか、6回は足を使って下がるボクシングでタパレスが優勢。逆に7回、大森は勝負をかけ、右フックを決めてタパレスをロープにくぎ付けにする。一気に会場が盛り上がったが、タパレスがまたしても反撃。試合は両者ともダメージを負う激戦となった。

 8回に動きの止まってしまった大森は9回に立て直して攻めるが、タパレスのジャブ、左アッパーが決まる。10回、大森の動きがさらに落ちると、タパレスの右フックが炸裂。左アッパー、右フックとつなげられ、大森がロープ際に崩れ落ちる。何とか立ち上がったもののダメージは甚大。11回にタパレスが大森をコーナーに追い込み、ラッシュをかけようとしたところで、主審が試合を止めた。10回までのスコアは95-94×3でタパレス。

 世界初挑戦が実らなかった大森は18勝13KO2敗。タパレスは31勝14KO2敗。タパレスが勝ったため王座は空位のまま。WBOバンタム級は現地時間22日、英国でランク2位のゾラニ・テテ(南ア)が暫定王者になっている。