2017年5月19日金曜日

アラム氏がエール「村田が勝てばMSGメインに」

 有明コロシアムでアッサン・エンダム(カメルーン=仏)とWBA世界ミドル級王座決定戦に臨む村田諒太(帝拳=写真左)について、米国でプロモート契約を結ぶトップランク社ボブ・アラム・プロモーター(写真右)が今後のプランを明かした。

 18日(日本時間19日)、WBC&WBO統一S・ライト級王者テレンス・クロフォード(米)の会見に出席したアラム氏は「ムラタが(エンダムに)勝てば、ザ・ガーデン(マジソンスクエアガーデン)のカードのメインイベントに起用したい」とコメントした。

 また、アラム氏は村田の今後の相手にWBO同級王者ビリー・ジョー・サンダース(英)を挙げた。サンダースは7月8日、ロンドンで同暫定王者アブタンディル・クルツィゼ(ジョージア)との防衛戦を予定。同氏はサンダースが勝てば、日本で村田との統一戦に応じるだろうとも語った。

サンダース、カネロ、ゴロフキンの名前も

 村田vsエンダムの予想に関してアラム氏は「ムラタは素晴らしい状態に仕上がっていると聞く。フランスで戦うエンダムは悪い選手ではないが、ムラタは過小評価されていると思う。おそらくノックアウトでタイトルを獲得するだろう」と金メダリストの勝利を支持。ゴロフキンvsサウル“カネロ”アルバレスの勝者と村田を将来対戦させたい以降も明かした。