2017年5月20日土曜日

25歳の元暫定王者、ダビ・サンチェス衝突事故死

 元WBA・S・フライ級暫定王者ダビ“トルナード”サンチェス(メキシコ=写真)が現地時間19日朝5時30分頃、居住するソノラ州エルモシーヨ近くで車の衝突事故を起こし不帰の人となった。25歳の若さだった。同乗していたボクサーの実弟ジョナサン・サンチェス(23)も死亡した。事故の原因はスピードの出し過ぎ。

 サンチェスをプロモートしたサンフェル・プロモーションのラファエル・ソト記者によると、前日サンチェスと弟はエルモシーヨから車で40分ほどのミゲール・アレマンという町まで往復ドライブ。夕方帰宅し、もう一人の弟でボクサーのロベルト(22)を誘い、再度ミゲール・アレマンまで行こうとした。

 しかしロベルトは翌日練習があるため留まることに。再びジョナサンと出かけたサンチェスは帰り道、運転するフォード・フュージョンで事故に遭遇した。

 メキシコ・プエブラ出身のサンチェスはエルモシーヨをベースにキャリアを進行させた。1455月、ブレイロル・テラン(ベネズエラ)との決定戦に勝ちWBA・S・フライ級暫定王座に就いた。元IBF同級王者アルベルト・ロサス(メキシコ)をストップし防衛。しかしルイス・コンセプシオン(パナマ)にTKO負けで無冠となった。

 昨年7月、現WBCバンタム級1位ルイス・ネリー(メキシコ)にストップされ再起に失敗。その後2連勝。4月7日ビクトリアーノ・ヌネスに8回判定勝ちしたのが最終戦となった。生涯戦績は31勝23KO4敗2分。S・バンタム級のジョナサンは18勝11KO3敗。