2017年5月24日水曜日

ブリッグスvsオケンド中止、サーマンが右ヒジ手術

■6月3日、米フロリダ州ハリウッドで予定されていたWBAヘビー級“レギュラー”王座決定戦が正式にキャンセルされた。出場する元WBO王者シャノン・ブリッグス(米)から違反薬物が検出されたため。相手のフレス・オケンド(プエルトリコ=米)は別のランカーと対戦する話もあったが交渉は成立しなかった。

■前WBCライト級王者オマール・フィゲロア(米)と元4階級制覇王者ロバート・ゲレロ(米)が7月15日、ニューヨークのナッソー・コロシアムで対戦する。PBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)シリーズとして行われ、地上波のFOXが全米に中継する。同日はミゲール・ベルチェルト(メキシコ)vs三浦隆司(帝拳)のWBC世界S・フェザー級戦がロサンゼルスのフォーラムで挙行される。

■WBA&WBC統一ウェルター級王者キース・サーマン(米)が前回のダニーガルシア(米)戦で痛めた右ヒジを手術。医師は全治6ヵ月と診断。サーマン本人は年内の復帰を目指すが状況は微妙となっている。

■20日HBOが全米に放映したテレンス・クロフォードvsフェリックス・ディアスのWBO&WBC世界S・ライト級戦の視聴件数がピーク時103万6000件、平均で96万1000件に達した。これは同局が今年中継したボクシング中継ではトップの数字。これまで最高はワシル・ロマチェンコvsジェイソン・ソーサの88万6000件(ピーク時)、83万2000件(平均)だった。