0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年5月30日火曜日

太尊、ヤップ、ジャンボ織田 OPBFトリプル戦

 六島ジムの枝川孝会長は29日、所属3選手が出場するOPBFトリプルタイトルマッチを7月30日、大阪市住吉区民センターで開催すると発表した。

メインは太尊、ヤップは益田の挑戦受ける

 メインはミドル級王者、太尊康輝(六島)の2度目の防衛戦で、同級14位ロックハート・ブランドン(森岡)の挑戦を受ける。バンタム級王者でWBC、IBF世界同級8位にランクされているマーク・ジョン・ヤップ(六島)は同級2位でIBF9位、WBC13位にランクされる益田健太郎(新日本木村)と対戦。OPBF・S・ウエルター級9位のジャンボ織田信長書店ペタジーニ(六島)は同級王者でIBF世界同級13位ラーチャシー・シットサイトーン(タイ)にタイトル初挑戦する。

 太尊は「何度もスパーリングした相手。パワーはあるが、結果は僕が倒して勝ちます」と初防衛に自信をみせた。ヤップも「調子がすごくいいし、必ずタイトルを守ります」ときっぱり語った。

ジャンボ織田がタイトル初挑戦

 織田は約1年ブランクがあり、27日にタイでの復帰戦を2回TKO勝ちしたばかり。王者のラーチャシーは4月22日、大阪で大石豊(井岡弘樹)に12回大逆転KOで勝ってタイトルを手にした。大石は細川貴之(六島)から奪ったタイトルの初防衛に失敗した。

 織田は「細川先輩が持っていたタイトルなので、ジムにベルトを取り返します」と意欲十分。昨年4月に結婚、長女も誕生しており、六島ジム3人王者並立実現に懸命だ。