0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2013年7月27日土曜日

荒川&フィゲロアが計量パス WBCライト級暫定王座決定戦

決戦のときを迎える荒川(右)とフィゲロア

 現地時間の27日(日本時間28日)米テキサス州サンアントニオで挙行されるトリプルヘッダーをメインにするイベント“ノックアウト・キングス”の一角、WBCライト級暫定王座決定戦の計量が26日行われ、WBCライト級1位の荒川仁人(八王子中屋)、相手の3位オマール・フィゲロア(米)ともリミットの135ポンド(61.23キロ)で無事パスした。

 同じリングで行われるWBAウェルター級暫定王座戦は王者ディエゴ・チャベス(アルゼンチン)が146ポンド1/4(66.34キロ)、挑戦者キース・サーマン(米)が146ポンド(66.22キロ)でクリア。

アンドレ・ベルト(左)とヘスス・ソト・カラス

 メイン格のウェルター級12回戦は元WBC、IBF王者アンドレ・ベルト、相手のヘスス・ソト・カラス(メキシコ)ともリミットの147ポンド(66.68キロ)だった。

 会場はサンアントニオのAT&Tセンター。プロモーターはゴールデンボーイ・プロモーションズ。Photos/SHOWTIME