0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年6月21日水曜日

OPBF5月度ランキング、マクドネルvsソリスⅡ入札

■OPBFが5月度ランキングを発表。日本勢はS・フライ級の木村隼人(ワタナベ)が13位、S・フェザー級の小谷将寿(琉球)が9位、高畑里望(ドリーム)が10位、S・ライト級の八光池田竜司(六島)が13位に入った。L・フライ級は拳四朗(BMB)が世界王者になって王座が空位に。フライ級は中山佳祐(ワタナベ)が王者リチャード・クラベラス(比)に勝利し、フェザー級は王者の竹中良(三迫)がノ・サミュング(韓)に敗れたが、これらの王者交代は今回のランキングにはまだ反映されていない。S・ライト級は王座が空位となった。

■WBAはバンタム級“レギュラー”王者ジェイミー・マクドネル(英)と3位リボリオ・ソリス(ベネズエラ)の再戦の入札を7月3日に行うと発表した。両者は昨年11月モンテカルロで対戦し、マクドネルが3-0判定勝ち(116-112、115-113、117-111)で5度目の防衛に成功したが、ソリス陣営がこれを不服としてWBAに提訴。WBAは内容を検証した上で1月、両陣営に再戦の指示を出した。しかし期限までに交渉はまとまらず、入札の日時が指定された。