0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年7月8日土曜日

岡田博喜、松本亮、益田健太郎らがWBCランク入り

 WBCは7月ランキングを更新。日本勢はフライ級の黒田雅之(川崎新田)が粉川拓也(宮田)に代わって14位にランクイン。黒田はこれで4団体すべてで世界ランク入りした。

 バンタム級は益田健太郎(新日本木村)が9位に入り、IBF王座を陥落したリー・ハスキンス(英)が10位に。S・バンタム級の松本亮(大橋)、フェザー級の細野悟(大橋)がそれぞれ15位に再ランク。S・ライト級の岡田博喜(角海老宝石)も15位に入り、3団体目のランク入りとなった。

 月間MVPはアドゼイ・フォンファラ(ポーランド)を2回KOで下し、8度目の防衛に成功したL・ヘビー級王者アドニス・スティーブンソン(ハイチ=カナダ)が選ばれた。次点はミニマム級王者ワンヘン・ミナヨーティン(タイ)。