2017年7月10日月曜日

金子大樹ダウン挽回も及ばず、マリコフに判定負け

  日本S・フェザー級1位の金子大樹(横浜光)が9日(日本時間10日)、ロシアのエカテリンブルクでライト級10回戦を行い、IBF同級11位、WBA14位のパベル・マリコフ(ロシア)に1-2判定負け。スコアは97-92、95-94でマリコフ、95-94で金子だった。

 体格で勝る金子はスタートからアグレッシブに攻め、マリコフに左フックを決めるなど好スタートを切ったかに見えた。しかし、初回終了間際、打ち終わりに右をカウンターを合わされてダウンを喫した。

初回にダウン喫するも、2回から反撃開始

 しかし、金子はダメージを感じさせず、2回から再び圧力をかけた。右ストレート、左ボディブローでマリコフを攻め、マリコフも右アッパーなどで対抗する。中盤は金子が攻め、マリコフはそれをボディワークでしのぎながら打ち返す展開。金子がピッチを上げると、マリコフも激しく打ち返し、試合は白熱した。

 後半戦に入ると、金子が攻勢が目立つようになる。5回に左目上をバッティングでカットした金子は血を流しながら気迫のアタック。顔面の腫れが目立ち始めたマリコフは疲労もあり、下がるシーンが増えていった。

 金子は9、10回とさらに攻めて終了のゴング。直後に主審が割って入ったが、勢いの止まらなかったマリコフの左フックで金子がキャンバスにバッタリ。これは明らかにゴング後のパンチでジャッジに影響はなかったが、金子にとってはとんだ災難だった。奮闘むなしく判定に泣いた金子は26勝18KO6敗3分。マリコフは12勝5KO無敗。

三浦仁は惜敗、市川大樹はTKO負け

 同じく日本から出場の三浦仁(三迫)はマーク・ウルバノフ(ロシア)とWBAアジアパシフィック・ユース・フェザー級王座を争い、こちらも1-2判定負け(77-75、75-77×2)。WBOユース・ライト級王者モハマクチ・ヤクボフ(ロシア)に挑んだOPBF同級3位の市川大樹(駿河男児)は初回1分50秒TKO負けだった。

 メインのWBA世界クルーザー級タイトルマッチは、スーパー王者デニス・レベデフ(ロシア)が挑戦者6位マーク・フラナガン(豪)に3-0判定勝ち。スコアは119-108×2、120-107。レベデフは昨年12月、ムラト・ガシエフ(ロシア)に敗れてIBF王座を失ったが、再起戦に勝利してWBA王座の防衛テープを伸ばした。