0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年7月29日土曜日

フランプトンの復帰戦中止、体重超と相手の負傷

 29日(日本時間30日)英国北アイルランドのベルファストで予定されたWBCフェザー級挑戦者決定戦が28日ドタキャンになった。地元の元IBF&WBA世界S・バンタム級統一王者、前WBAフェザー級“スーパー”王者カール・フランプトン(英)が計量でリミット1ポンド超の127ポンドを計測したのがトラブルの発端。相手のアンドレス・グティエレス(メキシコ)は125.9ポンドでクリアした。

 試合は行われる運びだったが、グティエレスがホテルの部屋でシャワーを浴びている最中に転倒し鼻柱とアゴを深くカット。ソーシャルメディアで、その写真が発信された。

 成り行きを憂慮したサイクロン・プロモーションズ(バリー・マクギガン代表=元WBAフェザー級王者)は文メディアや関係者にイベントの中止を文書で通達した。WBC王者はゲーリー・ラッセルJr(米)。フランプトンは1月ラスベガスでレオ・サンタクルス(メキシコ=米)との再戦に敗れてからのカムバック戦になるはずだった。