2017年8月11日金曜日

メイウェザーvsマクレガー前座でデイビスV2戦

 26日(日本時間27日)ラスベガスで行われるフロイド・メイウェザー(米)vs総合格闘技UFCの王者コナー・マクレガー(アイルランド)のS・ウェルター級12回戦のセミで、IBF世界S・フェザー級王者ジェルボンタ・デイビス(米)が防衛戦。相手は元WBO王者のローマン“ロッキー”マルティネス(プエルトリコ)からランキング8位フランシスコ・フォンセカ(コスタリカ)に変更された。

 マルティネスが調整不足でリングに上がれないというのが理由。フォンセカはこれまで19勝13KO1分無敗。舞い込んだチャンスに「すべてのボクサーの夢である世界戦が実現する。このチャンスは私のキャリアでベストなタイミングでやってきた。デイビスを破り、世界にショックを起こす」と張り切っている。

 一方、メイウェザー子飼いのタレント、デイビス(22)はこれがV2戦。「格闘技の歴史で最大のファイトのイベントに出場でき、エキサイトしている。ラスベガスとPPVのファンに素晴らしいショーを約束します。そしてフロイド・メイウェザーからトーチ(聖火)を私が引き継ぎます」と宣言。デイビス(18勝17KO無敗)は現在9連続KO勝利中。10連続を目指す。