0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年9月3日日曜日

中谷正義会心の東洋V8 セルモナを4回TKO

 3日、島津アリーナ京都のセミで行われたOPBFライト級タイトルマッチはチャンピオン中谷正義(井岡)が1位挑戦者ライアン・セルモナ(比)に4回1分24秒TKO勝ち。3度のダウンを奪う快勝でタイトル8度目の防衛に成功した。
 
 接近を試みるサウスポーのセルモナに長身からシャープなパンチを飛ばしてけん制。中谷は初回からしっかりと自分の距離をキープした。3回もセルモナは何とか飛び込まんとするが、中谷は冷静にアッパーで迎撃。左フック、右ストレート、もう一度右ストレートを決めてダウンを奪った。
 
 立ち上がったセルモナを猛攻した中谷はこのラウンド、右ストレートを叩きこんでダウンを追加する。セルモナは4回もあきらめず上体を動かすが、その相手をコントロールして中谷の鋭いブローが射抜く。この回、左右パンチで打ちすえるとセルモナが3度目のダウン。原田主審が10カウントを数えた。
 
 強さを示してトップコンテンダーを退けた中谷は、今後ますます上を目ざす意欲をアピールした。戦績は15戦全勝(9KO)。敗れたセルモナは30戦20勝(13KO)5敗1分となった。