2017年9月9日土曜日

20歳ベナビデスがWBC王者に、IBF最新ランキング

■米ラスベガスで8日(日本時間9日)行われたWBC世界S・ミドル級王座決定戦は、同級4位の20歳、デビッド・ベナビデス(米)が6位ロナルド・ガブリル(ルーマニア)に2-1判定勝ち(117-111、116-111、111-116)。王座を返上してWBA世界L・ヘビー級正規王者となったバドゥ・ジャック(スウェーデン)の後継王者となった。

■IBF世界フライ級挑戦者決定戦が8日(日本時間9日)アルゼンチンで行われ、同級3位フアン・カルロス・レベコ(亜)が2位エクタワン・クルンテープトンブリ(タイ)に3-0判定勝ち。元2階級制覇王者で、日本で3度の世界戦を戦っているレベコ(39勝19KO3敗)が王者ドニー・ニエテス(比)への挑戦権を得た。エクタワンは22勝15KO5敗。

■IBFが最新8月度ランキングを発表。日本勢は、OPBFミニマム級王者の小浦翼(E&Jカシアス)が同級13位に入り、S・バンタム級14位にOPBF王者の大竹秀典(金子)が返り咲いた。S・フェザー級は王者ジェルボンタ・デイビス(米)が計量失格で王座をはく奪され王座は空位に。また、S・ライト級にランクされていた小原佳太(三迫)はウェルター級14位となった。S・ライト級はジュリアス・インドンゴ(ナミビア)を下してテレンス・クロフォード(米)が新王者となったが、4団体を制したクロフォードは王座返上を表明している。