0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年9月17日日曜日

メリンド流血初防衛、マグダレノが11.11防衛戦

■IBF世界L・フライ級タイトルマッチが16日、フィリピンのセブ島で行われ、王者ミラン・メリンド(比)が元WBAミニマム級王者で挑戦者6位のエッキー・ブドラー(南ア)に2-1判定勝ち。八重樫東(大橋)から奪った王座の初防衛に成功した。スコアは117-110、115-112、一人は115-113でブドラーを支持した。メリンドは中盤にバッティングで両目をカットし、血を流しながら苦しいファイトを強いられたが、12回にダウンを奪って判定をものにした。戦績は37勝13KO2敗。べドラーは31勝10KO3敗。

■同じくセブ島のIBF世界S・フライ級挑戦者決定戦は、同級8位ジョナス・スルタン(比)が元2階級制覇王者で3位にランクされるジョンリル・カシメロ(比)に3-0判定勝ち(117-111、116-112、115-113)。7月に帝里木下(千里馬神戸)を退けて初防衛に成功している王者ジェルゥイン・アンカハス(比)への挑戦権を獲得した。

■WBO世界S・バンタム級王者ジェシー・マグダレノ(米)が11月11日、米カリフォルニア州フレスののセイブ・マート・アリーナで挑戦者1位セサール・フアレス(メキシコ)と防衛戦。トップランク社が発表。マグダレノ(25勝18KO無敗)は16年11月、ノニト・ドネア(比)から奪った王座の2度目の防衛戦。15年12月にドネアとフルラウンドの好試合を演じたフアレス(20勝15KO5敗)が挑む。当日はIBF世界L・ヘビー級挑戦者決定戦も行われる。