2017年10月1日日曜日

WBAバンタム級、バトラーがホール下し挑戦権獲得

 WBA世界バンタム級挑戦者決定戦が30日(日本時間1日)英リバプールのエコー・アリーナで行われ、同級5位ポール・バトラー(英)が同14位スチュアート・ホール(英)に3-0判定勝ち。王者ジェイミー・マクドネル(英)への挑戦権を得た。

 両者はともに元IBF世界バンタム級王者。14年6月、IBF王者ホールにバトラーが挑戦してバトラーが2-1判定勝ちでベルトを奪った過去があり、今回はバトラーがホールを返り討ちにする形となった。スコアは117-111、118-102×2。

 世界王座返り咲きに一歩前進のバトラーは25勝13KO1敗。ホールは21勝7KO6敗2分。WBAのこのクラスはマクドネルのほかに統一王者ザナト・ザキヤノフ(カザフスタン)も存在する。

 マッチルームボクシングと新たに契約した“問題児”WBCヘビー級8位のデレク・チゾラ(英)が前座に出場。ロバート・フィリポビッチ(クロアチア)との6回戦に5回TKO勝ちで、昨年12月にディリアン・ホワイト(英)に敗れr手以来の試合に勝利した。次戦は11月4日のモナコに出場予定。