excite_650x150

excite_650x150

ohashi11

ohashi11

ohashi22

ohashi22

2018年3月14日水曜日

5.12中量級ビッグマッチ リナレスvsロマチェンコ

 試合締結間近のニュースが流れていた中量級のビッグマッチ、WBAライト級&WBC同級ダイヤモンド王者ホルヘ・リナレス(帝拳=ベネズエラ)とWBO・S・フェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)の世界チャンピオン対決が正式決定─。イベントを全米へ放送するESPNなど各メディアが報じた。試合は5月12日、ニューヨークのマジソンスクエアガーデン(MSG)でゴングが鳴る。リナレスのライト級王座に3階級制覇を目指すロマチェンコが挑戦する設定となる。

 すでに両陣営で条件面は合意に達していたが、発表まで時間がかかったのはテレビ放映の件だった。同日、リナレスの共同プロモーター、ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)は有料ケーブルのHBOで1週間前の5月5日に予定されるゲンナジー・ゴロフキンvsカネロ・アルバレス再戦の再放送+サダム・アリ(米)vsリアム・スミス(英)のWBO・S・ウェルター級戦を放送する。

 ロマチェンコのプロモーター、トップランクも5月12日は相手に関係なく、MSGでロマチェンコの試合をブッキングしていた。そこでGBPとトップランクが交渉。リナレスvsロマチェンコをレギュラーケーブルのESPNが米国東部時間午後8時(同太平洋岸時間午後5時)から中継。

 HBOは上記2試合を同日、東部時間午後10時(太平洋岸時間午後7時)から放送することで落ち着いた。ちなみにESPNはボクシングの時間帯に流す予定だった女子ソフトボールの試合を繰り上げて放送することになった。

 リナレスはビッグファイトに備えて日本で走り込みなど調整を開始。ロマチェンコも先週土曜日、米カーソンのWBOフェザー級戦をリングサイドで観戦。こちらもキャンプインする。