2018年4月1日日曜日

バーネットがV1 WBAバンタム級スーパー王座

 英ウエールズ・カーディフのプリンシパリティ・スタジアムで31日行われたWBA世界バンタム級タイトルマッチは、スーパー王者ライアン・バーネット(英)が挑戦者2位ヨンフレス・パレホ(ベネズエラ)に3-0判定勝ち。スコアは120-118×2、116-112。

 バーネットは昨年、IBF王者リー・ハスキンス(英)からタイトルを奪い、続いてWBAスーパー王者ザナト・ザキヤノフ(カザフスタン)に勝利してWBAベルトを吸収。IBF王座を返上して臨んだ今回の一戦に勝利し、WBAスーパー王座の初防衛に成功した。

 バーネットは19勝9KO無敗。パレホは21勝10KO3敗1分。WBAバンタム級は、ジェイミー・マクドネルがレギュラー王座を保持。3階級制覇を目指す井上尚弥(大橋)が5月25日、大田区総合体育館でマクドネルに挑戦する。

 セミで行われたヘビー級は、元WBAヘビー級正規王者アレクサンデル・ポベトキン(ロシア)がデビッド・プライス(英)に5回1分2秒TKO勝ちした。

 WBAとWBOで1位にランクされるポベトキンは34勝24KO1敗。保持するWBAインターコンチネンタル、WBOインターナショナル王座の防衛に成功した。プライスは22勝18KO5敗。Photos/SUMIO YAMADA