2018年5月26日土曜日

アンカハスがV5戦 ヤファイvsカルモナは無冠戦に

  明日26日(日本時間27日)米国カリフォルニア州フレズノで挙行されるIBF世界S・フライ級タイトルマッチの計量が25日行われ、王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)が114.8ポンド(52.07キロ)、挑戦者1位ジョナス・スルタン(同)が114.4ポンド(51.89キロ)でリミット115ポンドに合格した。

 フィリピン人同士の世界戦は1925年5月、マニラで行われたパンチョ・ビラvsクレバー・センシオ(ビラの15回判定勝ち)以来93年ぶり。米国内では初開催となる。

 5度目の防衛戦となるアンカハスは「フィリピン人ボクサーはハートを誇示して戦うから、今回の試合は特別激しいものになるだろう」と会見で発言。2月の試合に続き米国リング登場となる。

 一方、日本で翁長吾央、池水達也と対戦したスルタンは「アンカハスのスタイルをよく研究した。これはビッグチャンス。子供の時からの夢を叶えたい」とコメント。それでも賭け率は5-1で王者有利と出ている。

 同じリングで防衛戦を予定したWBA世界S・フライ級王者カリド・ヤファイ(英)は、試合は挙行されるものの、ノンタイトル戦に変更された。計量で114.8ポンドでパスしたヤファイに対し、挑戦者ダビ・カルモナ(メキシコ)は何と3.6ポンド(1.63キロ)オーバーの118.6ポンド(53.80キロ)を計測。同胞ルイス・ネリの失態に通じるアバウトさだった。

 プロモーターはトップランク社。前日に日本で開催されたWBA世界バンタム級タイトルマッチ、ジェイミー・マクドネル(英)vs井上尚弥(大橋)に続き、ESPNが全米へストリーミング配信サービスで中継する。Photos by Mikey Williams / Top Rank