2018年7月7日土曜日

WBC・S・ライト級戦が中止 挑戦者が減量失敗

 米カリフォルニア州フレスノで7日(日本時間)ゴングを予定していたWBC世界S・ライト級タイトルマッチ、王者ホセ・カルロス・ラミレス(米)と挑戦者13位ダニー・オコーナー(米)の試合が中止となった。

 米メディアの報道によると、オコーナーは朝起きた時点でリミットの2ポンド・オーバーだったが、体調に異変をきたして病院へ搬送。はかりに乗ることはできなかった。

 イベントはセミのNABFウェルター級タイトル戦をメインに格上げして行われ、予定通りESPNで放送される。プロモーターのトップランク社、ボブ・アラム氏は「非常に恥ずかしい事態。ホセにできるだけ早く新しいファイトを用意したい」とコメントした。

 ラミレスは3月、4団体を制したテレンス・クロフォード(米)が返上した王座をアミール・イマム(米)と争って判定勝ちで戴冠。今回が初防衛戦になるはずだった。