2018年8月8日水曜日

アマトップ山根明会長が辞任 妻に相談して決断

 選手への助成金の不正流用や暴力団元組長との交際が明るみに出た日本ボクシング連盟の山根明会長(78歳)が8日、大阪市内の大阪弁護士会で会見を開き、「本日をもって辞任します」と声明文を読み上げた。

 山根会長は「私自身、家に戻って再婚している嫁に相談し、辞任したいと言った。どういうことがあっても会長を死ぬまで面倒を見る。今は楽になってください、と言われて決断した」と時折涙声で語った。

 さらに関係者への感謝を口にし、「選手のみなさまにはこのような問題になったことを法人の会長として申し訳ない。将来、東京オリンピックに出られなくても、その次のオリンピックがありますからがんばってください。本当に申し訳ありません」と述べ、最後は深々と頭を下げた。

 会見の冒頭で代理人が「本日は記者会見ではなく、声明を読み上げます」と断ったように、質問は一切受け付けずに終了した。

 日本ボクシング連盟は、山根体制に批判的な勢力が、山根会長のパワハラや不当判定を追及する告発状をスポーツ庁などに提出。山根会長はテレビ出演するなどして弁明に追われたが、自ら反社会的勢力との交際を認めたことで、事態はさらに悪化した。

 連盟この状況を受けて、岐阜でのインターハイが終了した7日夕、緊急理事会を開催。約3時間の話し合いの末、会長の進退については「会長一任」という形で理事会を終えていた。