日本語

Home > ニュース > あす木村翔vs田中恒成 両者とも「最後は気持ち!」
ニュース

2018年9月23日 日曜日

あす木村翔vs田中恒成 両者とも「最後は気持ち!」

 WBOフライ級タイトルマッチの前日計量が23日の調印式後に行われ、出場の2選手ともに一発で合格した。チャンピオン木村翔(青木)は50.6キロ、1位挑戦者田中恒成(畑中)は50.7キロ。試合はあす24日午後4時、名古屋市の武田テバオーシャンアリーナでゴングとなる。

木村(左)と田中、はたしてどんな試合になるのか

 テレビの要請で生放送番組のスタジオで行われた公式計量。ともにアンダーでクリアして、準備万端を強調した。調印式で両者は以下のようにコメントした。

田中「ここで勝てば次のステージにいける」

田中「こんなに気持ちの強いチャンピオンもそうはいない。全力で向かいます。僕が勝って3階級制覇する。試合のポイントはメンタル、気持ちです。本音をいえばKOは狙っていない。倒せればラッキーくらいのつもりでいく。本当に一生懸命練習して臨んでも勝てるか分からない試合。ここで勝てれば次のステージにいける」

木村「チャンスを逃さないのが自分」

木村「日本のファンが注目する一戦に恥じない試合をしたい。田中はリスペクトできる選手。もちろん僕がV3を達成して、僕の手が上がっていると思う。僕も最後は気持ちだと思う。チャンスがあれば1Rから倒しにいくし、チャンスを逃さないのが僕のボクシング。でもKOを狙ってはいない」

2日の対決は雑草(木村)vsエリート(田中)とも

 計量後の木村は「調子がいい」と笑顔を振りまいた。リカバリー食にひつまぶしと味噌煮込みウドンの“名古屋名物”を摂るなど、アウェー感を満喫している。

 一方の田中も「まったく問題ありません」と明るい表情。「ここまでアッと言う間でしたが、この1ヵ月間は本当に頑張りました」と、やり残しはない。「自信を持って臨みます」と最後は自分に言い聞かせた。

Related

関連記事