2018年9月26日水曜日

細川チャーリーがミドル級新王者 秋山を11回TKO

 OPBF&WBOアジアパシフィック・ミドル級タイトルマッチが26日、後楽園ホール「ゴールデンチャイルドボクシングvo.124」で行われ、OPBF11位、WBO・AP5位の細川チャーリー忍(金子)がチャンピオンの秋山泰幸(ワタナベ)に11回TKO勝ち。新王者となった。秋山は初防衛に失敗。

 秋山は昨年12月、大阪に乗り込んで太尊康輝(六島)に5回TKO勝ち。OPBF王座を奪うと同時に空位のWBO・AP王座にも就いた。タイトル初挑戦の細川は昨年3月、秋山に2-0判定負け。以降、4連続KO勝ちでタイトルマッチの舞台に立った。

 互角の初回を終え、2回に試合が動く。細川の右で秋山が足元をふらつかせた。ここから秋山は踏ん張り、右ストレート、左フックで盛り返したが、再び右を食らってグラリと身体を揺らした。

 しかし、3回になると秋山がボディ攻めを軸に組み立てて優位に立つ。細川は単発のヒットはあるものの手数が少なく、秋山の圧力が上回っている印象。4回終了時の採点は39-38×2で秋山、もう一人が38-38だった。

 リードを許した細川は中盤にエンジンをふかした。秋山も応戦して試合は白熱。6回に右の相打ちで、ダメージを負ったのは秋山。細川が畳みかけるが、ここは秋山がしのいだ。

 7回も左ボディ打ちも決めた細川が優勢。秋山は右目上部を偶然のバッティングでカット。秋山は疲れてきたのか、苦しく見える。8回終了時の採点は77-85で細川、76-76×2となった。

 終盤は両者ともに疲労を感じさせるようになったが、よりダメージを蓄積したのは秋山だ。秋山はボディを効かされ、フラフラになりながらも反撃を繰り返したが、ついに限界に達する。11回に攻め込まれたところで主審がストップ。当時にタオルも投入された。

 34歳の細川は11勝10KO3敗。試合後「ほしいのは世界チャンピオンのベルト。お母さんに世界一の息子を生んだというのをプレゼントしたい」と語った。兄の日本S・ライト級王者、細川バレンタイン(角海老宝石)との兄弟ベルトホルダーとなった。38歳の秋山は12勝9KO8敗1分。

“警官ボクサー”の杉田が4連勝マーク

◇58.6キロ8回戦
杉田ダイスケ(ワタナベ)[TKO2回1分46秒]ソムポート・シーサ(タイ)

 プロ4戦目を迎えた現役の警察官ボクサー、杉田は初回から圧力をかけ、右フックを上下に、左フックも交えてコンニネーションを打ち込んでいった。シーサはパワーはまずまずあったが、2回に杉田の左右の連打を浴びてダウン。畳みかける杉田は左フックで2度目のダウンを奪い、さらにシーサをキャンバスに突き落としてフィニッシュした。

 デビューから4連勝(3KO)の杉田は「最後のダウンを奪う前に『はじめの一歩』のデンプシーロールをやりました。ぜひ見てほしい」とアピール。シーサは2勝2KO2敗。

 なお、この日のイベントは予定していた2試合が中止になってわずか3試合、総ラウンド数は26と少なかった。